学校選びの前に要チェック!医療系の代表的な職業[言語聴覚士が人気]

勉強

看護師の仕事

医療系の代表的な職業でしょう。仕事内容としては、手術中、器具を医師に渡したり、患者さんが退院するまで、血圧・脈拍・体温の測定や採血・点滴などを行ったりします。

勉強

医師の仕事

病気やケガの原因を調べて治療することが主な仕事です。まず容態を確かめるために診察をし、原因が特定できたら薬を処方したり手術をしたりします。医師の診察次第で1人のこれからの人生が左右されますので責任重大ですが、とてもやりがいのある仕事でしょう。

男女

言語聴覚士の仕事

「話す」「聴く」ができない言語障害を持った患者に対して会話ができるよう原因の調査と訓練をしたり、「咀嚼」「飲み込み」ができない嚥下障害を持った患者に対して食事ができるよう運動機能の訓練をしたりするのが仕事です。歴史はまだまだ浅いですが、近年養成課程を開設している学校が増えています。また、言語聴覚士の数は不足していますので、これからもどんどん需要が高まることが予想されます。

言語聴覚士に求められる能力

ウーマン
no.1

観察力

一番要求される能力はどんな些細な変化も気づける力です。小さい変化を見逃してしまうと、今まで適切だった訓練が効かなくなってしまうという可能性が出てきます。その場合は、リハビリの長期間化にも繋がりかねません。そのため、小さい変化を見逃さない力というのが一番求められるのです。

no.2

辛抱強さ

1位に次いで重要な能力は根気です。リハビリというのは一朝一夕では終わりません。何回も繰り返してやっとで効果がでるというケースも多いです。リハビリを受ける側は、効果が出ないことに不安を覚えたり、苛立ち始めたりしますので、そのようなストレスを溜めさせないよう根気強くサポートしてあげることが重要なのです。

no.3

コミュニケーション力

うまく言葉が発せない患者はもどかしい気持ちを持っています。そのため、患者が今どのような気持ちなのかを察しないといけません。そのような場合にコミュニケーション能力が十分に備わっていれば、患者の気持ちを理解でき、信頼関係が築けるでしょう。

分からないことだらけで不安

言語聴覚士の専門学校や大学へ進学を希望している方にとって、学校選びは、将来を決めるターニングポイントですので様々な不安でいっぱいだと思います。疑問に思っていることをいくつか取り上げましたので参考にしてください。

よく寄せられる質問

文房具

どんな入試がありますか?

学校によって様々ですが、主にAO入試や推薦入試、または一般入試があります。また学校によっては社会人のための専用の入試を設けているところもあります。

就職するためにサポートはしてくれますか?

就職できるか不安だと思いますが、サポート体制は万全です。病院や医療施設の関係者が来校し、就職説明会を実施するため安心して下さい。

年齢も若くないですが大丈夫ですか?

年齢が高くても諦める必要は全くありません。過去には40代以上の方が卒業後無事就職できたケースも多数あります。

アルバイトは可能ですか?

とくに禁止していませんが、入学してある程度授業内容に慣れてきてからアルバイトをするのをおすすめします。そうすれば勉強が疎かになることはありません。

[PR]
言語聴覚士の学校へ行こう!
気になる学費をチェック♪

[PR]
看護系の資格なら大学で取得しよう
優良校の情報をチェック!

広告募集中