言語聴覚士の学校選びのチェックポイント!

人を助ける仕事がしたい

人を手助けする職業として思い浮かべるのが医療系の仕事でしょう。その中でもリハビリ関連の職業は年々必要性が高くなっています。今回はリハビリ関連の職業にはどのようなものがあるのかご紹介します。

理学療法士と言語聴覚士の違い

理学療法士

身体の機能に問題を抱えている方に対してリハビリを行い機能回復を目指す仕事で主な職場は病院です。正社員の年収の相場は大体450万円前後です。

言語聴覚士

何らかの事情で会話することができない患者に対してリハビリを行うのが主な仕事です。職場は病院やリハビリを行うための専門施設などがあります。年収の相場は350万円前後ですが、職場によっては高待遇のところもあります。

言語聴覚士の学校選びのチェックポイント!

男性

立地を確認

学校には数年間通うことになります。自宅や最寄り駅からのアクセスが悪いと通学時間が長くなってしまいます。そうなると学校の始業時間に間に合うように早めに起床しなければいけなくなり、普段の生活に支障が出てしまいかなりの負担です。負担がかからない程度の通学時間かどうかを確かめるためには、学校の所在地を確かめて実際に歩いてみるのがポイントです。

女性

学費を確認

学校によって異なると思いますが、1年間で大体100万円以上はかかります。家族でよく話し合って予算を決めましょう。そして気になる学校の学費が予算内に収まるかどうかチェックしてください。予算はオーバーするけれど、どうしても進学したい学校があるのでしたら、奨学金制度を利用するのも一つの手です。

婦人

言語聴覚士の資格を取得しやすいか

学校を卒業してすぐに言語聴覚士にはなれません。国家試験に合格するのが絶対条件です。そのため学校のホームページなどで言語聴覚士の国家試験の合格率に着目してください。合格率が高ければ良い内容の授業カリキュラムを組んでいると言えますので安心して勉強することができるでしょう。

じっくりと検討を

人生を決める大事な時期ですので、妥協せずに学校選びをすることが大切です。妥協せずに学校を選べば、言語聴覚士として充実した人生を送ることができるでしょう。

広告募集中